NO.2東福寺の紅葉は混んでいてもそれを超える紅葉に感動、もっと・・ - 京都・秋の紅葉スポット観光情報

スポンサーリンク


NO.2東福寺の紅葉は混んでいてもそれを超える紅葉に感動、もっと・・

東福寺 基本情報

京都府東山区本町15-778

075-561-0087
JR京都駅→市バス13分「東福寺」→徒歩12分
JR京都駅→JR奈良線2分東福寺駅→徒歩5分

通天橋、開山堂:400円

方丈八相庭園:400円
9時〜16時半(12月は16:00まで)

ライトアップ

なし

東福寺の紅葉は有名です。


毎年たくさんの人が訪れます。


11月には1日に約3万5千人が訪れる京都でも、1位・2位を争う紅葉の名所です。


境内に行く前に最初に渡る橋は、「臥雲橋」(がうんきょう)


ここから通天橋の方を眺める景色も格別です。

この橋は江戸時代の橋ですので、混雑しているときは人数を制限しています。


「臥雲橋」(がうんきょう)を渡り、東福寺に入り、料金を払うと「通天橋」になります。


通天橋を渡りながら、雲の様な紅葉を眺めていると混雑さえも気になりません。


必見です。


<もっと深く東福寺紅葉を楽しもう!>

通天橋周辺に初代住職が中国から持ち帰った「通天もみじ」があります。探してみましょう!

葉先が3つに分かれて、11月上旬から中旬と早くに黄色に色づくものです。

境内に20本ほどあります。



東福寺


■東福寺三門
日本三大三門のひとつ、国宝


<もっと深く東福寺紅葉を楽しもう!>

臥雲橋(がうんきょう)は境内の前なので、境内が開く前、開門前の早朝にいって人影少ない時に楽しめます。

(知っている皆さんも多くなりましたが・・・・)


<おすすめ東福寺紅葉を楽しもう!>

2014年秋に昭和の作庭家「重森三玲」のモダンな方丈庭園が、国指定名勝に指定されました。

方丈庭園に先に行くのではなく通天橋で紅葉を味わった後に方丈に座ってゆっくり庭園を味わってみるのもいい。



<さらに東福寺を楽しむ>

龍吟庵(りょうぎんあん)

年に2回しか公開されない境内にある龍吟庵(りょうぎんあん)へ

国宝の方丈と3方の庭を堪能したらどうでしょう。

ボランティアの方が親切に解説していただけます。


DSC_0041.jpg


■東福寺の国宝 

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
紅葉の豆知識
■<わかりやすく>なぜ紅葉するのか???

もみじ、カエデなど落葉樹は秋に葉を落とします。
夏には強い日差しによって光合成がさかんに行われ、植物が生長するための栄養分がまかなわれます。ところが、秋になり日差しが弱くなってくると 続く⇒

■なぜ美しくきれいな紅葉になるのか?きれいな紅葉の条件は???

美しく紅葉する条件は、まずひとつめは最低気温5℃以下であること    続く⇒


■京都の紅葉はなぜきれいなのか?  

  京都の真赤な紅葉は本当にすばらしい! 続く⇒ 

Copyright © 京都・秋の紅葉スポット観光情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます