嵐山といったら天龍寺、大方丈に座って曹源池庭園を眺めるのは格別。 - 京都・秋の紅葉スポット観光情報

スポンサーリンク


嵐山といったら天龍寺、大方丈に座って曹源池庭園を眺めるのは格別。


天龍寺

嵐山 天龍寺 基本情報
京都府右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
075-881-1235 
雷電嵐山駅→徒歩1分
無休(法堂は特別参拝のみ)
駐車場120台
庭園:500円、諸堂参拝+100円追加


特別公開
★法堂 雲龍図公開
9/6−12/7
9:00〜17:00 (10-3月16:00)
拝観料:500円
★曹源池庭園(そうげんちていえん)秋の早朝参拝
11/1-3 11/8-30
7:30-8:30
庭園参拝:500円

天龍寺は、1335(暦応2)年、室町時代初代将軍「足利尊氏」が、後醍醐天皇の供養のため、夢窓疎石(むそうそせき)の勧めにより、建立した。

足利尊氏により、京都五山第一位に格付けされたが、その後、室町幕府の衰退と連動し、兵火・焼失を重ねた。諸堂の大半は明治時代に再建したものです。

夢窓疎石(むそうそせき)が手がけた庭園
「曹源池庭園(そうげんちていえん)」

国の史蹟・特別名勝の第一号として指定された。池の背景の亀山、嵐山などの風景と庭園は格別です。特に秋は彩り鮮やかになります。

庭園の料金とは別に100円払って別口から入場し、
お寺最大の建物である「大方丈(おおほうじょう)」から眺める庭園は格別で時間を忘れます。

秋は本当に混むので朝一番に行くのがよいでしょう。

天龍寺


隣の宝厳院(天龍寺塔頭寺院)へ

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
紅葉の豆知識
■<わかりやすく>なぜ紅葉するのか???

もみじ、カエデなど落葉樹は秋に葉を落とします。
夏には強い日差しによって光合成がさかんに行われ、植物が生長するための栄養分がまかなわれます。ところが、秋になり日差しが弱くなってくると 続く⇒

■なぜ美しくきれいな紅葉になるのか?きれいな紅葉の条件は???

美しく紅葉する条件は、まずひとつめは最低気温5℃以下であること    続く⇒


■京都の紅葉はなぜきれいなのか?  

  京都の真赤な紅葉は本当にすばらしい! 続く⇒ 

Copyright © 京都・秋の紅葉スポット観光情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。