嵐山でも人気の高い常寂光寺(じょうじゃくこうじ)のもみじのグラデーション - 京都・秋の紅葉スポット観光情報

スポンサーリンク


嵐山でも人気の高い常寂光寺(じょうじゃくこうじ)のもみじのグラデーション


嵐山 常寂光寺の紅葉

嵐山 常寂光寺(じょうじゃくこうじ) 基本情報


京都府右京区嵯峨小倉山小倉町3

075-861-0435 

市バス亭嵯峨小学校前から徒歩7分

駐車場5台

9:00-16:30 無休

参拝400円


本堂修復中 2015年秋には終了予定


小倉山中腹にある古刹

仏教の理想郷「常寂光土」の趣をもつということで寺名がついたということです。

藤原定家(ていか)の山荘があったことで有名です。


嵐山の紅葉では、常寂光寺は人気が高く、自生する100年以上のもみじが山の高低差で、色づきが違い、「参道の紅葉のトンネル」、仁王門、多宝塔付近グラデーションもみじ、それぞれの紅葉が楽しめて見事です。


妙見堂花の格天井 特別拝観

12/12−12/31

400円

嵐山 常寂光寺の紅葉

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
紅葉の豆知識
■<わかりやすく>なぜ紅葉するのか???

もみじ、カエデなど落葉樹は秋に葉を落とします。
夏には強い日差しによって光合成がさかんに行われ、植物が生長するための栄養分がまかなわれます。ところが、秋になり日差しが弱くなってくると 続く⇒

■なぜ美しくきれいな紅葉になるのか?きれいな紅葉の条件は???

美しく紅葉する条件は、まずひとつめは最低気温5℃以下であること    続く⇒


■京都の紅葉はなぜきれいなのか?  

  京都の真赤な紅葉は本当にすばらしい! 続く⇒ 

Copyright © 京都・秋の紅葉スポット観光情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます