NO.6高台寺のライトアップは有名ですが日中から継続して夜までもOKです - 京都・秋の紅葉スポット観光情報

スポンサーリンク


NO.6高台寺のライトアップは有名ですが日中から継続して夜までもOKです


高台寺


高台寺(こうだいじ) 基本情報

京都府東山区高台寺下河原町528

075-561-9966

JR京都駅→市バス35分「東山安井」→徒歩5分


拝観料:600円 圓徳院との共通拝観料900円


9時〜17時

無休

駐車場150台(1時間以内無料)


ライトアップ

2015.10/23−12/13

2014.10/24−12/14(ライトアップの監修:俳優の井浦新氏)

日没〜21:30

DSC01571.jpg


特別拝観

高台寺

 期間 2015年10月23日(金)〜12月13日(日)

 拝観時間:午前9時〜午後10時(日没後ライトアップ・午後9時30分受付終了)

 ●秋の夜間特別拝観「百鬼夜行 プロジェクションマッピング」

 ●秋の特別展「琳派と祝言」


圓徳院

 期間:2015年10月23日(金)〜12月13日(日)

  ※12月11日(金)・12日(土)は法務のため終日拝観休止

 拝観時間:午前10時〜午後10時(日没後ライトアップ・午後9時30分受付終了)

 ●秋の夜間特別拝観

 ●秋の特別展「松本圭祐 琳派着物展」


◆高台寺「掌美術館」

 期間:2015年9月12日(土)〜12月13日(日)

 開館時間:午前9時30分〜午後6時

  ※10月23日(金)〜12月13日(日)は、午前9時30分〜午後9時30分受付終了

 ●秋の特別展「大坂の陣四〇〇年−豊臣追慕」

<参考>2014.10/24-12/14 秋の特別展 秋の雅 


誰もが一度は見たいと言われているライトアップの代表格

日中は、1000本のもみじと小堀遠州が作庭した庭を堪能できる。

高台寺のライトアップは超有名であるが、昼夜入替性ではないので、両方が楽しめることができる。

DSC_0087_2.jpg


<ポイント>

ねねと秀吉の木造

修復されて色鮮やかに

開山堂(かいざんどう)

臥龍廊(がりゅうろう)、臥龍池(がりゅういけ)

瓦が龍のウロコに見えることからその名がついた。背の高い紅葉が池に映る。

圓徳院(えんとくいん)

徒歩5分、ライトアップはいっしょにいきたい。共通入場券を買えば高台寺で並ばなくてすむ。


kodaiji8.jpg



スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
紅葉の豆知識
■<わかりやすく>なぜ紅葉するのか???

もみじ、カエデなど落葉樹は秋に葉を落とします。
夏には強い日差しによって光合成がさかんに行われ、植物が生長するための栄養分がまかなわれます。ところが、秋になり日差しが弱くなってくると 続く⇒

■なぜ美しくきれいな紅葉になるのか?きれいな紅葉の条件は???

美しく紅葉する条件は、まずひとつめは最低気温5℃以下であること    続く⇒


■京都の紅葉はなぜきれいなのか?  

  京都の真赤な紅葉は本当にすばらしい! 続く⇒ 

Copyright © 京都・秋の紅葉スポット観光情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます