落柿舎(らくししゃ) - 京都・秋の紅葉スポット観光情報

スポンサーリンク


落柿舎(らくししゃ)

落柿舎

江戸時代の俳人「向井去来」の隠棲地で、詫びた風情の小庵として人気がある。

「柿ぬしや梢は近き嵐山」の句は有名。

現在は、茅葺きの庵を背景に柿が実を成らせて、紅葉が色を添えている。

<落柿舎の名前の由来>
向井去来の「落柿舎記(らくししゃのき)」には、庭に柿の木四十本あり、その柿の実が一夜のうちに殆ほとんどおちつくした。それが落柿舎の名の由来ゆらいとかかれている。

都からきた商人が、一貫文を出して、柿の実を買う約束をして帰る。その夜、向井去来が寝ていると「ころころと屋根はしる音、ひしひしと庭につぶるる声、よすがら落ちもやまず」翌朝さきの商人きて「梢つくづくと打眺め、我むかふ髪の頃より白髪生るまで、 この事を業とし侍(はべ)れど、かくばかり落ぬる柿を見ず、きのふの値かへしてくれたびてんやとわぶ、いと便なければ、ゆるしやりぬ、この者のかへりに、友どちの許もとへ消息送るとて、みづから落柿舎の去来と書きはじめけり」

落柿舎
京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
TEL:075-881-1953

落柿舎公式HP

料金:250円
時間:9時〜17時(1月、2月は10時〜16時)
休日:12/31、1/1

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
紅葉の豆知識
■<わかりやすく>なぜ紅葉するのか???

もみじ、カエデなど落葉樹は秋に葉を落とします。
夏には強い日差しによって光合成がさかんに行われ、植物が生長するための栄養分がまかなわれます。ところが、秋になり日差しが弱くなってくると 続く⇒

■なぜ美しくきれいな紅葉になるのか?きれいな紅葉の条件は???

美しく紅葉する条件は、まずひとつめは最低気温5℃以下であること    続く⇒


■京都の紅葉はなぜきれいなのか?  

  京都の真赤な紅葉は本当にすばらしい! 続く⇒ 

Copyright © 京都・秋の紅葉スポット観光情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます