紅葉の色づくメカニズム - 京都・秋の紅葉スポット観光情報

スポンサーリンク


紅葉の色づくメカニズム

DSC01425.jpg

紅葉(こうよう)とは?、落葉に先立って葉が色づくことです。

厳密に言うと
赤や橙(だいだい)に色づくことが紅葉(こうよう)で、黄色く色づくことは、黄葉(こうよう)と呼びます。

褐色になることは、褐葉(かつよう)と呼びます。

現実には、紅葉も黄葉も褐葉も使い分けなどせずに「紅葉」と使われています。


20151127124524512.jpg

樹木の葉が、「クロロフィル」(葉緑素)という緑色の色素とカロチノイドという黄色い色素をもっていますが、クロロフィルの量がずっと多いので、普段は緑色に見えています。

夏から秋になり、クロロフィルが、先に分解されて、カロチノイドが残るために、葉が黄色く見えます。これが黄葉で、落葉樹の多くは、黄葉することになります。


秋になると、日差しが弱くなり、葉を落とす準備がはじまります。

葉柄(ようへい)と枝の境に離層(りそう)と呼ばれる層ができます。

光合成でつくられた糖分などの移動を妨げられて葉に蓄積、アントシアンという赤色の色素に変化することがあります。

赤に色づく紅葉です。


アントシアンの生成には、日光が関係していて、日当たりがよい葉ほど赤くなり、日陰の葉は黄色くなる現象があります。

多くは、クロロフィルが分解される前にアントシアンができ始めると紫っぽく見える場合が多いです。

樹木の種類によって、何色に紅葉するかはおおよそ決まっていますが、生育条件やその年の天候で変化する場合、樹齢によって変化する場合も多い。

紅葉は、緑、黄色、赤、褐色とさまざまな割合で時間とともに変化する自然が繰り出す芸術と言えるでしょう。

DSC07006.jpg

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
紅葉の豆知識
■<わかりやすく>なぜ紅葉するのか???

もみじ、カエデなど落葉樹は秋に葉を落とします。
夏には強い日差しによって光合成がさかんに行われ、植物が生長するための栄養分がまかなわれます。ところが、秋になり日差しが弱くなってくると 続く⇒

■なぜ美しくきれいな紅葉になるのか?きれいな紅葉の条件は???

美しく紅葉する条件は、まずひとつめは最低気温5℃以下であること    続く⇒


■京都の紅葉はなぜきれいなのか?  

  京都の真赤な紅葉は本当にすばらしい! 続く⇒ 

Copyright © 京都・秋の紅葉スポット観光情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます